野村不動産投資顧問の事業内容について

 不動産を投資の対象にするのは通常の売買では資金がかかりすぎ一般の投資家にはなかなか手が届かないものでした。しかし不動産投資ファンドは投資する不動産の資金をおおくの投資家から募ることで一般投資家にもその門戸を広げたのです。
 野村不動産投資顧問は野村不動産グループの資産運用事業部門になります。
 1990年代後半からグループのもぐ不動産事業に関するノウハウを利用し、着実に運用実績を積み上げ、現在では1兆円を超える規模の資産を運用しています。
 総合不動産会社としての事業経験や優秀な人材を豊富に持った野村不動産投資顧問は信用がおける企業です。
 優秀な人材は投資するべき不動産の価値を正確に見極めることができますし、獲得した不動産にたいし、より付加価値をつけることもできます。
 また野村不動産投資顧問は業界のトップランナーとしての長年の投資実績から 企業としての経営理念「運用パフォーマンス至上主義」にマッチする、多彩なリスク、リターンをもつ投資商品を提供することが可能です。ビル、賃貸住宅、商業施設、物流施設など幅広い部門を網羅した国内不動産への投資商品まずあります。
 さらには野村不動産オフィスファンド投資法人(オフィスビル特化型)、野村不動産レジデンシャル投資法人(居住用施設特化型)野村不動産マスターファンド投資法人(物流施設特化型)と数々の不動産をカバーしたREITを上場しています。
 REITの分配金は賃料収入によるもであり、野村不動産グループの優良な物件により安定した集積を上げることができています。
 海外の不動産ファンドオブファンズなどグローバルな商品も提供しており投資家の幅広いニーズにこたえることが可能な投資顧問といえるでしょう。

■投資顧問情報をこのサイトでチェック
投資顧問のおすすめランキング
仕手株ツウ御用達!!銘柄選びガイド

ページトップへ