国際投信投資顧問は日本最大のファンド

国際投信投資顧問という名前を聞いたことのある人は多くいると思います。人気のファンドがいくつかありますが、その中ではグローバルソブリンオープンは日本で最大のファンドです。過去には国債証券系列のファンドとなっていましたが、現在は三菱UFJフィナンシャルグループの参加のファンドとなっています。

元々は投資顧問として活動していた会社が元となっているのですが、現在のところは一般的な投資顧問業はあまり行っていません。どちらかというと投資信託の運用をメインに行っています。国際投信投資顧問という名前は、投資信託を選ぶ際によく見る名前だというイメージがあると思いますが、そのイメージが正しいと言えるでしょう。

人気のファンドとしてはグローバルソブリンオープンがあります。これは国債や政府保証のある債券を中心に組み込んだファンドで、長期保有や国際分散投資を行うことを前提として作られたファンドです。ローリスクであり、分配頻度が高いと言うことから人気を集めていると言えるでしょう。日本で最大のファンドだと言うことから分かるように、日本人のニーズを良く把握しているファンドだと考えられます。

三菱UFJフィナンシャルグループの傘下企業には運用を行うものもいくつかあります。現在のところは経営の効率化を行うために統合が進んでいます。国際投信投資顧問も統合の対象となっています。三菱東京UFJフィナンシャルグループの投資信託を行うメインの会社は三菱UFJ投信です。三菱UFJ投信は、三菱系の三菱投信株式会社と、UFJ系のUFJパートナーズ投信株式会社が合併してできた企業です。国際投信投資顧問は、この三菱UFJ投信との合併が決まっています。

ページトップへ